FXコミュニティ 9つの戦略

9つの戦略の作者です。2018年は一つの節目になり 目標達成できました。新しい目標に向けて動き出しました。特に 仕事を頑張っている兼業トレーダーの方に向けて相場の方向性などを独自視点で書かせていただいています。

ロウソク足分析「高値と安値」の重要ポイント

タイトル:ロウソク足分析「高値と安値」の重要ポイント

 

 

今回は、ロウソク足を見るべき重要ポイント「高値と安値」についての解説をします。

ロウソク足の「高値と安値」は、売り買いが交錯しやすくトレンド発生のきっかけになるポイントです。基本的には高値と安値さえ把握しておけば、チャートを見なくても戦略は建てられます。

 

■ロウソク足チャートの「高値と安値」はなぜ重要?

 

ロウソク足で分析する時に見るべきポイントの一つは「高値と安値」です。

高値もしくは安値を更新する時に、相場が変動しやすくなります。

 

チャートを見たことがある経験者だと、当日の高値や安値にロウソク足が接近すると、値動きが荒くなることが分かると思います。

「高値と安値」は、それだけ市場参加者のオーダーが交錯するところでもあるため、日々チェックをしてからトレードをしなければなりません。

 

特に「〇日間以来」「年初来」の高値と安値は、市場参加者のオーダーがたくさん貯まっているところでもありますので、注視しましょう。

 

■「壁」になる直近の高値or安値

 

チャートを監視していると、為替レートが何度も跳ね返される「壁」が見つかることがあります。

この壁の価格帯には、たくさんの反対オーダーが置かれている可能性が高く、超えていくと一気に相場が動き出すことになります。

 

f:id:ise-blog:20180310123747j:plain

 

短時間で決済できるポイントでもあるので、ここは重要なポイントです。

チャートを見ていて「固いなあ」「重いなあ」という感覚を大事にするといいでしょう。

 

■当日の高値or安値

 

タッチするとボラティリティを伴って変動するのが、当日の高値と安値です。

抜けると、速いスピードでレートが進行していきます。

当日の高値を抜けた状態で、直近の市場参加者の売りポジションが多いと、踏み上げて暴騰します。通貨ペアの市場オーダーを確認しておくと、動きが予想しやすいでしょう。

(※市場オーダーは、FX業者のマーケットニュースツールで毎日、レートごとのオーダー数が発表されています。)

f:id:ise-blog:20180310123805j:plain

当日高値や安値に到達すると、プライスが目まぐるしく動き出す

 

■長時間足の高値or安値

 

長時間足の高値(安値)を超えて推移するような相場は、大きなトレンドが発生している状態です。

新値を更新するともいいます。

特に日足の中で目立つ高値と安値は、抜けるとじり高やじり安になってトレンドが継続していきやすいです。

そのような場面では逆張りは禁止して、押し目買い、戻り売りを狙います。

 

逆に高値と安値で挟まれているような相場では、反転が起こりやすい傾向があります。

f:id:ise-blog:20180310123829j:plain

 

■まとめ

 

直近の高値と安値、当日高値と安値、長時間足チャートの高値と安値など紹介しましたが、ニューヨークの高値と安値も値動きに影響しやすいポイントで、日本時間でいう22時や23時~深夜につけた高値と安値は、東京市場では抜けにくいという傾向があるので、覚えておくと便利です。

 

 

インジケーター 乖離アラートの公開はじめました

FXONさんの方から ダウンロードできます とても便利なインジケーターになりますので ぜひ トレードの補助にお使いください      Yuya   

 

こちらからとべます↓↓

fx-on.com

 

 

www.youtube.com

 FX 動画 まとめサイト

FXニュース – 9つの戦略 FX 動画

 

これからFXを始められる方へ

FX 教材 9つの戦略SE からはじめてみてください☆

☆.プレゼントキャンペーン  ☆XMの口座開設・トレードでもれなくプレゼント☆

ise-blog.hatenadiary.jp

 

ブログランキングに参加しています

応援よろしくおねがいします^^

 

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 

 

登録はこちら ↓↓↓